<製作中(下研ぎ中)の御刀>

※画像を CLICK すると、より大きな画像をご覧頂けます。




<ご依頼内容>
(刀身、ハバキ、白鞘、拵、刀桐箱 の製作)
**************************************************

<刀身打卸の部>
-------------------------------------------------
肥後虎本鍛刀
写 清麿
二尺四寸八分(超豪壮型)
肥後虎特別造り
肥後國住赤松太郎兼嗣作
本三枚鍛
以自家製鉄鍛之

・刀工   :肥後國住赤松太郎兼嗣作
・鉄    :自家採取砂鉄・自家製鉄
・鍛え   :本三枚鍛・本鍛錬
・等級   :最上作(最上等級)
・刃長   :約二尺四寸八分程度
・目釘穴   :弐
・元幅   :約39mm →約 39mm
・元重   :約9m  → 約8.6mm
・先幅   :約32mm → 約34mm
・先重   :約7mm →約7.4mm
・茎長   :約8寸 →約245mm
・切先長  :約90mm →約95mm
・茎造   :実戦型茎・茎棟小肉付ける
・樋彫り  :無し
・鎬幅    :秘
・刃幅   :秘
・鎬角   :秘
・棟角   :秘
・刃角   :秘
・造り   :鎬造・庵棟・大切先
・刃文   :源清麿最上作写し
・裸身重量:約1,337g

<茎表彫刻銘文>
写 清麿   ○○○○
本三枚鍛
肥後國住赤松太郎兼嗣作

<茎裏彫刻銘文>
肥後虎
以自家製鉄鍛之
平成 年 月吉日(審査登録月)
-------------------------------------------------

<研磨の部>
-------------------------------------------------
◇肥後虎・最上研磨 for 豪壮型
※打ちおろし刀身(荒身)からの【成形研磨】【下研ぎ】
【仕上げ研ぎ】の全ての作業を含みます。
※的確な肉置き、刃の斬れ味と耐久性、刃紋の美しさを
 高レベルでバランスさせた最良最高の研磨となります。
-------------------------------------------------

<ハバキ製作の部>
-------------------------------------------------
◇ハバキ・銀無垢・庄内・金着
※本職・白銀師による手造り本ハバキ
-------------------------------------------------

<白鞘製作の部>
-------------------------------------------------
◇白鞘:最上白鞘・超豪壮型
※最高級鞘材使用
※超高精度仕立
※無形文化財クラス鞘師による最上の白鞘
※保管に必要な性能と精度を極限まで上げた白鞘
-------------------------------------------------

<刀桐箱製作の部>
-------------------------------------------------
◇肥後虎刀桐箱・2振入れ
(248・超豪壮型・打刀用)
-------------------------------------------------

<拵工作の部>
-------------------------------------------------
◇ツナギ製作費
◇切羽:銀無垢・本科・切羽
    金着2枚1組
◇柄下地:9寸
◇鮫皮:親粒付き・腹合わせ着
◇鮫塗:現代漆(黒)
◇柄巻:正絹・緑・諸捻り巻
◇目釘:本煤竹製・垂直打・2本
◇拵鞘下地製作
◇鞘塗り:乾漆茶石目
◇下緒:正絹・緑・本織
-------------------------------------------------

<外装金具の部>
-------------------------------------------------
◇縁・頭 金具:菊水雲・銀古美・特大
◇コジリ金具:菊水雲・銀古美
◇栗形シトドメ:銀無垢・本シトドメ
◇鍔:肥後鍔・銀古美・上
◇目貫:大巻龍・銀古美・上・2個1組
-------------------------------------------------

**************************************************